ヨガの定義:

  • サンスクリット語(世界で最も古いとされる言語でインドにて発祥)の、ユジャより派生
  • ユジャとは、付加、一体化、または結びつき、の意味であることより、ヨガとは、個別の精神と宇宙の精神に付加する、という意味。

発祥の歴史:

  • 何千年も以前よりインドで起こっていたが、記録では前2世紀に賢人パタンジャリが創始したものが始めとされる。
  • 賢人パタンジャリは、ヨギ、またはヨギニ、と呼ばれる高いレベルのヨガの思想を追及していた

ヨガのゴール:

完全な内なる精神とその平静を目的としている。ヨガのゴールは、身体的な健康向上から、この世の様々な困難や、生と死のサイクルから開放するモクシャ/ニルワーナ(救済)に至るまで、様々である。

ヨガの様々な解釈について:

ヨガという言葉には、下記のとおり4つの解釈がある。

1.付加:

2+2は4であるということ。 しかし、この場合、個人のアイデンティティは消えずに維持される。

2.統一:

サンスクリット語では、ヨガは『ヨガ』ではなく『ジョガ』、と発音される。この場合、意味は、「統一」という意味になる。 アトマン(個の意識)はパラマトマン(宇宙の意識)とひとつになる。

3. 精神(心)の開放状態:

精神(心)がどんな思考からも開放されている状態、何も考えることのない状態のこと。〔サンスクリット語では、サルワチンタパリティヤウゴ ニスチント ヨガ ウチャテ (Sarvacintaparityago nishcinto yoga ucyate〕と呼ぶ〕

人が深く眠っているとき、夢も見ず、精神は思考から開放されて無意識の状態になるが、これはヨガとは異なる。

4.  身体的傾向の休止(ヨガスチッタブリッティニロダー:Yogashcittavrttirnirodhah):

人間の精神(心)には50の傾向があり、これらは内的または外的にはたら気、5の感覚器官(目、耳、鼻、舌、皮膚)と 機能器官(口、手、足、生殖器官、排出器官)を通じて表現される。また、その表現方法と感情の発生方法には1000通りほどある。 これらは、サンスクリット語でチッタブリッティ(cittavrtti)と呼ばれる。これらの1000通りの表現をコントロールするものは、サハスララチャクラ(sahasrara cakra) と呼ばれる。それらは、1000もの花弁のある蓮の花、としても知られている。日本語では松果体(間脳の上面にある器官)のこと。

これら1000の精神的傾向の表現も停止されている状態をヨガスチッタブリッティニロダーと呼ぶ。もしこれらの精神的活動が停止されているとき、全ての人間の活動が終息される。パタンジャリによると、これがヨガの最終段階である。ニロダーとは停止という意味である。

しかしながら、この パタンジャリによるヨガの解釈は、タントラによっては受け入れられていない。(タントラとは古代インドで発見され、シバ神によって統一された霊的伝統聖典のこと)タントラではジーワトマ(jiivatma) とパラマトマ( Paramatma)の統一をヨガとしている。これらの精神的傾向を停止したあと、至高の意識(すなわち宇宙の全たるもの=神)に向かうように導かれる。この神への統一が可能になることがヨガである。

アスタンガ ヨガ (Ashtanga yoga):次の8つの精神的行為の実践を伴う“8つの肢のヨガ”という意味


1. ヤマ Yama

  • アヒンサー Ahim'sa':(傷つけないこと)思想、言動によって何人にも痛みを与えず、傷つけないこと
  • サティヤ Satya:(誠実であること):正しい心の行動と正しい言葉の使用を行うこと
  • アステヤ Asteya(盗みを行わないこと):他人の財産を得ようとする欲求を否定すること
  • アパリグラハ Aparigraha :物質主義を抑制すること
  • ブラハマチャルヤ Brahmacarya: ブラハマ(ヒンドゥー教でいう神)と結びつくこと    

2. ニャマ Niyama

  • サウチャ Shaoca清潔であること。外的な清潔さと内的な清潔さの2つの意味に分かれる。
  • サントサ Santos'a他から何も欲せず、正しい平静、心の安らぎ。
  • タパハ Tapah苦行を通じてゴールに達すること。肉体的困難を乗り越えて目的を達成すること。
  • スワディヤヤ Sva'dhya'ya(自主勉強)精神的課題についての明確な理解をすること。単に、読んだり聞いたりするのみでなく、その重要性や根底にある思想を理解すること。
  • イースワラプラニダハナ Iishvara pran'idha'na(瞑想)宇宙的思想の中に自分自身を確立すること。人生における唯一の理想として、イースワラ(宇宙の意識)を受け入れること。

3. アサナAsana [体勢]: (体勢) 身体的な快適さと精神の平静を保つことのできる体勢のこと。

4. プラナヤマ Pranayama [呼吸のコントロール] : "息を吐くこと、と息を吸うこと、また呼吸を維持することを通して、呼吸における、僅かだが重要なパワーを利用すること。

5. プラティヤハラ Pratyahara [感覚のコントロール]: 様々な思考にとらわれることによって不安定になる精神状態を取り除くこと。

6. ダハーラナDharana [集中]:ヨガの先生から教わったポイントに精神を集中させること。

7. Dhyanaディヤーナ  [瞑想]:

油が流れるようにスムーズに、全ての精神の傾向がヨガのゴールに向かって継続的に流れていること。

8. Samadhi サマディ[宇宙への統合]:精神の傾向が完全に停止された状態のこと。

 上記の1から4まで—ヤマ, ニャマ, アサナ, プラナヤマ—は、外的な清めの行為であり、5から8はプラティヤハラ、ダハーラナ、ディヤーナ、サマディは、内的な清めの行為である。

Definition of Yoga: Yoga word has come from Sanskrit root word ‘Yuj’, means addition, unite, join or attach. In a concise way we can say ’ addition of unit mind to cosmic mind’ is Yoga.

Yoga is founded and practiced thousands of years before in India but on literature we find it in 2nd century BC introduced by Sage Patanjali. The person who follows the Yoga philosophy with a high level of commitment is called A ‘Yogi’ or ‘Yogini’.

The goal of Yoga is the attainment of a state of perfect spiritual insight and tranquility. Goals are varied and range from improving of physical health to achieving Moksha/Nirvana (Salvation). Moksha, which liberates from all worldly sufferings and the cycle of birth and death.

Ashtanga yoga (‘Ashta’ = Eaight and ‘Anga’) = Part literally means "eight-limbed yoga," following eight spiritual practices:


1. Yama

  • Ahim'sa'(Non hurting tendencies): Not to inflict pain or hurt on anybody by thought, word or action, is Ahim'sa'.
  • Satya(Honesty): Satya implies proper action of mind and the right use of words with the spirit of welfare.
  • Asteya(Non stealing): To renounce the desire to acquire or retain the wealth of others is Asteya. Asteya means " non-stealing."
  • Aparigraha: In case of enjoyment of any material object, the control over objectivity is aparigraha.
  • Brahmacarya: The correct meaning of Brahmacarya is “to remain attached to Brahma”.

2. Niyama

  • Shaoca : It means purity or cleanliness. It can be subdivided into two parts, one relating to external sphere, i.e., external cleanliness, and the other to mental sphere, i.e. internal cleanliness.
  • Santos'a : means a state of proper ease. Contentment with things received unasked-for is santos'a.
  • Tapah: Tapah means to practice penance to reach the goal.To undergo physical hardship to attain the objective is known as Tapah.
  • Sva'dhya'ya (Self study): Svadhyaya means the clear understanding of any spiritual subject. Svadhyaya means not only to read or hear a subject, but also to understand its significance, the underlying idea.
  • Iishvara pran'idha'na (Primary Meditation): Iishvara pranidhana means to establish oneself in the Cosmic idea – to accept Iishvara (Cosmic consciousness) as the only ideal of life.

3. Asana [posture]
: Asanas are postures in which one can remain in physical comfort and psychic composure. The practice of asanas cures the body’s glandular system of all its imbalances or disease and helps the mind to attain balance for spiritual practices.

4. Pranayama [breath control]
: There is an inseparable relationship between the vayus (Vital airs) of the body [ten basic energy flows] and the mind. Unsteadiness of respiration means unsteadiness of mind and vice versa. Pranayama is the scientific process to control respiration and hence the mind, as a result of which sadhana is especially facilitated.

5. Pratyahara [sense control]: Pratyahara literally means “withdrawal” - withdrawing the unsteady mind from the allurement of particular objects.

6. Dharana [concentration]: Dharana is concentrating the citta [objective mind, mind-stuff] on prescribed points.

7. Dhyana [higher meditation]
: Dhyana is the unbroken flow of the mind-stuff, or citta, in one continuous stream, like the flow of oil, where all the propensities of the mind are fixed on the goal.

8. Samadhi [absorption into the Universal]: The state in which the tendencies of the mind are completely suspended following the practice of dhyana is called nirvikalpa samadhi. Though in the samadhi attained through the practice of Iishvara pranidhana (Primary meditation) the “I” feeling as well as the mental propensities are not totally suspended, one becomes ensconced in the Cosmic stance. The jiiva [unit] gets established in Infinity. This state is called savikalpa samadhi.

 The first four limbs—yama, niyama, asana, pranayama—are considered external cleansing practices. Last four limbs – Pratyahara, Dharana, Dhyana and Samadhi – are considered as internal cleansing practices. The first two steps toward controlling the mind are the perfection of yama and niyama. However, it is "not possible to practice the limbs and sub-limbs of yama and niyama when the body and sense organs are weak and haunted by obstacles". A person must first take up daily asana practice to make the body strong and healthy. With the body and sense organs thus stabilized, the mind can be steady and controlled. With mind control, one is able to pursue and grasp these first two limbs.